一般社団法人Copain

Group Home Short Stay

グループホーム・ショートステイ

Group Home

グループホームとは

地域の中で障がいのある方々が暮らす場所のひとつとして「障がい者グループホーム」があります。
障がいのある方は、親元から離れて、あるいは入所施設から出て、地域の皆様と同じように普通に暮らしたいと望んでいます。
障がいがあっても他の人と同じように、地域で普通に暮らすことは、人としての当然の権利です。

障がい者グループホームは、そうした思いを実現するために、必要なサポートを受けながら、数人の仲間と一緒に暮らす「住まい」です。「入所施設」とは違います。

障がい者グループホームは、「家庭的な雰囲気で暮らせる住まい」であることを大切にしています。
そのため、一戸建てやマンション、公営住宅等の住戸をそのまま利用しているグループホームが多く、入所施設とは違って、
それぞれ2人から数人程度の少人数で暮らしています。

Copain's House

Copain's Houseについて

ぜひ一度、ご相談に来られませんか?
専門のスタッフがあなたの暮らしをサポートします

わたしたちは、民間企業で働いてきたスタッフと福祉の専門家が、“安心”を テーマに練り上げたホームを運営しています。
地域で仲間と共に過ごす共同生活を通じて、自立した生活を目指しています。
日中から就寝までの間、健康や服薬・金銭管理、生活上での不便なことに相談に乗り、必要であれば援助をしています。
現在、一般就労している方、就労移行・就労継続支援などの日中活動を利用している方が生活しています。
障がい者を取り巻く環境の希望となり、これからの人生の歩みを共にしていきたいと思っています。

Facilities

施設紹介

Aries House

  • 定員数4名

  • 空き状況1名

Taurus House

  • 定員数2名

  • 空き状況1名

Leo House

  • 定員数4名

  • 空き状況0名

user

利用対象者

幅広い年齢層の方にご利用いただいております。

グループホームをご利用中の方は一人一人お持ちの障がいも異なります。
様々な食事・入浴等の介助や、掃除・洗濯等の家事などで支援を必要とする方々が入居しています。
入居者の年齢も、20歳前後の方から65歳以上の方まで様々です。

Admission requirements

ご入居にあたっての条件

お手続きのサポートも承ります。

入居するためには、お住まいの市の障がい福祉課に障がい者グループホームの利用に係る申請を行い、支給決定を受けることで入居が可能となります。
ご入居お手続きのサポートも承っております。
お手続きでご不明な点がございましたら、お気軽にお申し付けくださいませ。

Flow

ご入居までの流れ

  • お問い合わせ

    お電話もしくは、お問い合わせフォームよりお問い合わせいただき、見学日及び面接日を決めさせていただきます。

  • 見学・面接

    お電話またはメールのやり取りで確定した日時で施設の見学と簡単な面接をさせていただきます。ご質問やご不明点は、面接の際にお気軽にお申し付けくださいませ。

  • 入居の契約
    個別支援計画の作成

    ダミーテキストが入ります。文章が長い時はこのように表示します。ダミーテキストが入ります。文章が長い時はこのように表示します。

  • ご入居

    ダミーテキストが入ります。文章が長い時はこのように表示します。ダミーテキストが入ります。文章が長い時はこのように表示します。